syousai - プレスリリースの書き方
プレスリリースとは
プレスリリースとは プレスリリースとは、企業などの組織が主に報道機関向けに発表する情報のことでパブリシティ活動の最も代表的手法となっています。
企業は商品開発や営業活動・経営方針など社会に知ってもらい、人々の理解を得たい情報がたくさんあります。

詳細はこちらから
プレスリリースの長所
プレスリリースの長所 今まで広告代理店に効果のない広告を出向されてきた企業も多いと思います。
その広告を出さなくてもマスコミに信頼性の高い記事として掲載されることで、無駄な広告費を削減できます。そして売上げを上げる大事な要素となる新規のお客様が増えます。

詳細はこちらから
プレスリリースの短所
プレスリリースの短所 記者や番組制作者のもとに、膨大な数のプレスリリースが送られてきますが、貴社の配信したプレスリリースが、目に止まったとします。 しかし、貴社の商品やサービスが必ずしも多くの人に認知されて売り上げが必ずアップするなどの効果があるわけではありません。

詳細はこちらから
プレスリリースに必要なこと
プレスリリースに必要なこと プレスリリースは、まず記者や番組制作スタッフに行動を起こさせることが必要となります。 雑誌などの記事にしてみる、テレビの番組にしてみる、この行動を促さなくてはなりません。そのためには、「思わず周りの人に伝えたくなる情報」が必要となります。

詳細はこちらから
まずは情報整理から
まずは情報整理から プレスリリースの本文を「順序立てて、わかりやすく」説明していくために、まずは5W5Hをまとめましょう。 5W5Hはメディアがそのまま記事にしやすいポイントと言えるので、しっかりまとめておく必要がある部分です。

詳細はこちらから
メディアが飛びつく情報とは?
メディアが飛びつく情報とは? 人々が興味を持つ情報とはどんなものかを考えながら、プレスリリースの内容を考えていきましょう。 まずは文章でなくて良いので、興味をひけそうな面白いポイントを書き出します。 単語の羅列で構いません。ポイントを書き出したら次はそれらを様々な角度から考えてみましょう。

詳細はこちらから
必要なのはストーリー
必要なのはストーリー 「面白い!」を見つけることができたらそれを元にストーリーを作っていきます。 商品やサービスのメリットは、ストーリーにすると人々は受け取りやすくなります。 「誰が、何を想って、誰のために考え出したのか」などから始まり、これからどうなるのかを分かりやすくまとめたものにします。

詳細はこちらから
プレスリリースの配信方法
プレスリリースの配信方法 どのようなメディアに、どうやって見てもらうかですが、100媒体にあなたのプレスリリースを送ろうが、200媒体に送ろうが、「貴社の取り組みがメディアにとって魅力的じゃない」という状態であれば無駄になります。あなたが普段から接しているテレビ番組や新聞・雑誌に送るのが最も効果的です。

詳細はこちらから
ダメなプレスリリース
ダメなプレスリリース プレスリリースは、メディアに発表する行為なので、消費者に訴求する内容やメディア関係者に悪印象を与えるリリースは避けましょう。
メディアがほしいのは、新しい出来事(NEWS)です。単なる思いつきでニーズを無視したリリースはメディアは取り上げてくれません。

詳細はこちらから
基本的なリリース原稿のレイアウト
基本的なリリース原稿のレイアウト プレスリリースには明確なルールや書式は決められてはいませんが、基本的に以下のような構造になっています。プレスリリースは原則的に1~2枚にすべての情報を収めます。多くても2枚が限度で、どうしても補足したい
情報があれば別紙で補足しましょう。

詳細はこちらから
見出しを書くコツ
見出しを書くコツ 記者や番組制作者は毎日大量のプレスリリースを受け取っているため、 一つ一つじっくりと目を通す時間はありません。
プレスリリースは簡潔に、分かりやすくするのが大前提です。素早く趣旨が伝わるようにするために、最初から結論を言いきってしまうのが良いでしょう。

詳細はこちらから
本文を書くコツ
本文を書くコツ 本文の書き出し部分はリードと呼ばれ、概要を述べる段落になります。 先ほど書き出した5W5Hのうち、who(誰が)、what(何を)、when(いつ)、where(どこで)、how(どうしたのか)、を使い、 リリースのポイントをまとめます。

詳細はこちらから
文末の書き方
文末の書き方 プレスリリースによっては文末に会社概要が書かれているものもあります。 必須ではありませんが、所在地や代表者、事業内容などを明示する事により、情報への信頼度が上がり記者や番組制作者に信用してもらいやすくなります。多忙なメディア関係者が信用できない情報に時間をかけることはありません。

詳細はこちらから
書きあげた後に確認したい16のポイント
書きあげた後に確認したい16のポイント リリースを書きあげたら、16個のポイントを押さえているかチェックしましょう。
他の方にも読んでもらって客観的な視点からの意見も聞きましょう。 誤字や脱字はないか?わかりにくい表現はないか?といった点は 書いた当人だけでは気がつきにくいものです。

詳細はこちらから